gtag('config', 'AW-10869856216');

自己肯定感を上げるために、今すぐ○○して下さい

~出来ることから、少しずつで大丈夫です~

突然ですが、あなたが今一番やってみたいことはなんですか?
思いついた方は、その「やってみたいこと」を、今すぐ実行出来そうですか?


例えば、海外旅行だと、今すぐ行くことは出来ないかもしれません。
それでも、現地の観光案内やグルメ情報を調べてみたり、交通手段、宿泊先を検討することは出来ますよね。
(そして、旅行だとそれも1つの楽しみだったります。)

実は以前、海外旅行ほど大きな願望ではありませんでしたが、私にもやってみたいことがありました。
それは、フランス刺繡です。

近所の図書館で本を借りれば縫い方は分かるし、刺繍の図案もついています。布や刺繡糸も最近は100円ショップで手に入るので、やろうと思えばすぐに、しかも格安で実行に移せるのです。

しかし、悲しいかな、布に図案を写すという作業がどうしても難しそう(面倒くさい、とも言います(^-^;)で、いつまでもフランス刺繍は「憧れ」のままでした。

そんなある日、手芸頒布会のチラシを見つけました。

月々2600円程度で布・糸縫い方の説明のセットが半年間送られてくるというものです。

毎月1セット送られてくるので、合計6つのセットを頼むことになりますが、最初は簡単な縫い方から初めて、半年後には少々難しい作品が出来るようになるよう、仕組みもよく考えられています。

何より、惹きつけられたのは、布に初めから図案が描いてあること!!
今までの「面倒くさい」(もとい、難しそう(^-^;)を解決してくれるのです。

それでも、申し込みむかどうするか、1週間ほど迷いました。


まずは値段の事を考えました。月の料金×6倍になるので、自分で本を借りたり材料をそろえたりするよりも、ずっと高くつきます。

しかし、一番ネックになったのは、「これをする事で、別に何の利益になるわけでもなし」
「そもそも自分自身のの楽しみのためにお金をかけていいのだろうか?」
という気持ちでした。

本来、自分の好きなことを楽しむのに利益を生む必要はありません。
そもそも自分が楽しむことに罪悪感を感じるという事自体がとても不自然だ、という事に全く気付いていなかったのです。
今思えば、自己肯定感があまりに低いからこその発想でした。

それでも1週間後、勇気を振り絞って申し込みました。

それから、商品の到着を待つこと2週間・・・。

結果として、私は3つの幸せを手に入れました。

1つ目:瞬間的な幸せ

セットが届いた時の嬉しさ、パッケージを開封するときのワクワク感、美しい完成図を見たときのうっとり感。
そして何より、初めて挑戦する事への初々しい緊張感。
頼んで悔いなし!と思いました。

2つ目:継続的な幸せ

しかし。本当に「あの時注文した自分に感謝したい」と思ったのは、刺繍を初めてから数日後です。

前からやりたかった事でもあり、好きな分野(不器用ながらも手芸好きです。)だったので、刺繍をしている間はとても心が落ち着くのです。

プロのカウンセラーといえども、日常生活で心がモヤモヤすることはゼロではありません。

それに対しての解消の方法も持ってはいるのですが、刺繍を始めるとものの1、2分で気持ちがすーっと穏やかになるのが分かりました。


単純作業だからだ、とか、手を使った作業だから、とかいろいろな理由を挙げる方もいるかもしれません。それも当たっているとは思います。

とはいえ、一番の理由は、好きな事をしているから、ではないでしょうか?
「何かに没頭する」と頭の中がすっきりすることが多いですが、没頭するなら好きなことが一番です。

3つめ:自己肯定感

意外なことに、私が刺繍をして穏やかな気持ちで過ごしていると、家族も穏やかに過ごせるようになることに気づきました。

心配していたように、「なぜあなただけが楽しんでいるのか?」と文句を言う人もいません。

3つ目、4つ目の刺繍キットが届く頃には、「新しいのが届いたんだね!」と商品の到着を一緒に喜んでくれるようになりました。

この時、私は最も大切なことに気づきました。

自分の好きなことは、誰に遠慮することなく楽しんでいい、という事です。

そして、自分が穏やかに好きなことをしていると、周りも同じように穏やかになる、という事です。


今回は家族も一緒に喜んでくれましたが、たとえ家族が「変な趣味だなー」と思っていたとしても、それはそれで構いません。
本当に好きなことをしていれば、「自分の趣味とは合わないけれど、あなたの趣味はそれなのね」、というお互いを認め合うスタンスが築けるはずです。

これは、自己肯定感を育むのにとても役に立つことです。

周りの人が認めてくれることが一番効果的ではありますが、仮に認めてくれなくても、「自分にとっての幸せな時間」を選び取ったという事実は、「自分で自分を大切にすることが出来た」という気持ちを根付かせてくれます。

むしろ、周りの意見に関係なく、自分の「好き」を実行できる方が、より強い自己肯定感につながる事でしょう。

まとめ

人は、心からやりたいことをやる事で、一時的な喜び、継続的な喜び、そしてなにより自己肯定感を手に入れることが出来ます。

自己肯定感が低い、自尊心が低い、と悩んでいるあなた。

出来る事からで構いません。

今すぐ、やりたいことをやって下さいね!

誰が何と言おうと、少なくとも私は応援しています!