gtag('config', 'AW-10869856216');

【アダルトチルドレン・愛着障害】○○をするだけ!簡単に自信を手に入れよう!

~あきらめないで!自信は今からでも手に入ります!~

何をするにもいまいち自信がない、自分で物事を決めるのが苦手。
決めた後も、これで良かったのかな、と不安な気持ちが消えない・・・
そんな方、いらっしゃいませんか?

必ずしも全員に当てはまるありませんが、「自分に自信がない」というのは、実はアダルトチルドレンの方や愛着障害の方に多く見受けられます。

なぜアダルトチルドレンや愛着障害だと自信がないのか?

 アダルトチルドレンや愛着障害の方は、幼いときの環境により、常に親の顔色をうかがい、成功する事が求められてきました。逆に成功しない自分は大好きな親から「可愛い我が子」として認めてもらうことが出来なかったのです。

何かを決定しようとしても、「間違った選択をしたら、自分は親に認めてもらえない」というのは、幼い子どもにとっては安全が脅かされる大変な事態です。そのプレッシャーは無意識に大人になるまで心の中に残ったままです。ご自身は意識なさっていないかもしれ、ませんが、普段から常に失敗は許されない、という緊張感を持ったままなのですから、自分の選択に自身が持てないのは当然です。

とはいえ、原因が分かっていれば、解決につなげることが出来ます。
すなわち、アダルトチルドレンや愛着障害を克服すれば、自信を身につけることが出来るのです。

今回は、そのための簡単な方法を3つお届けします。
ご自身の出来る範囲で構いませんので、よろしければ試してみて下さいね。

①小さなチャレンジを積み重ねる

チャレンジと言っても、大きなものである必要はありません。
日常生活で出来そうな事。そして、やれば必ず出来る事、が大切です。

例えば、伸びをする。鏡の前で笑顔を作る。姿勢を正す・・・。

「えっ!?それってチャレンジなの!?」

そう思われそうですが、実はコツがあります。

何気なく伸びをするのは、もちろんチャレンジではありません。
その代わり、「今から伸びをするぞ!」と心に決めてから、伸びをするのです。
コブシを握る、小さくガッツポーズをするなど、「今からチャレンジするぞ!」というポーズなどを一緒に決めておくと効果的です。

そして、決めた通り伸びが出来たら、自分の事を「出来た!よくやった!」と褒めてあげてほしいのです。

・・・それだけですか?

がっかりした声も聞こえてきますが、実は理にかなっている事なのです。

 

実は、あなたの無意識(潜在意識とも呼ばれています)は、
何かにチャレンジしようとした ⇒ 実際に行動した ⇒ 成功した
というステップ(そして、事実)をちゃんと覚えてくれています。
そして、「自分でやろうとしたことは成功する」という自信につながってゆきます。

この無意識ですが、チャレンジしたことの難しさよりも、回数を重視するという性質を持っています。

ですので、大きなことをしようとして時間がかかったり、上手くいかず落ち込むより、必ず成功できることを繰り返す事の方がよほど効果があるのです。
もちろん、褒める、という事もお忘れなく。
「褒めてもらった」という事実は、小さな頃に足りなかった愛情を少しずつですが、確実に満たしていってくれます。これが、確かな自信につながってゆくのです。

②環境を変えてみる

例えば、常に無理な成果を求められたり、いつも誰かが怒鳴られてばかりの職場にいると考えてみて下さい。

どんなに楽天的な人でも、段々と委縮していってしまうのではないでしょうか?

ましてや、もともと自分に自信がない方でしたら、そこまでひどい職場でなくても、自分を否定される回数が少なかったり、肯定してもらえる機会が多い場所に身を置く方が、実力も発揮できるというものです。

これは、職場だけでなく、ママ友づき合いのメンバーを変えてみる、ボランティアをなさっている方なら、参加する曜日を変えてみる、などちょっとした「小さな社会」の中でも同じことです。

また、大きな職場移動が無理だとしても、なるべく安心できる人のそばにいるようにする、という方法をとる事も出来ます。存在を認めてもらえる、安心して過ごす事ができる。そんな時間を意図的に増やしていくのがコツです。

③挑戦したというプロセスを認める

1つ目に必ず出来ることに日常的にチャレンジする、と書きましたが
例えばそうでない時。成果が出なくても、(もちろん成果が出た時も)「挑戦した」というプロセスを認めてほしいのです。

「挑戦」というのは、実はとても勇気がいることです。まして、アダルトチルドレンや愛着障害の方でしたら、失敗したらどうしよう、他人に批判されたらどうしよう、という怖さを乗り越えての「挑戦」です。

結果に関わらず、「よく挑戦した」と自分をしっかり褒めて、認めてあげて下さい。

おまけ

折角なので、おまけを1つ。

何か行動をしたとき、人から嫌われないかどうかよりも、自分の意思を大事にして行動した場合、それをご自身でどうか誇りに思って下さい。アダルトチルドレンの方も愛着障害の方も、「親に嫌われないように・見捨てられないように」という想いが「すべての他人から嫌われないように・見捨てられないように」という強い信念として心の底に残っています。

そんな中で、「自分はこうしたい」「自分はこう思う」という事を大切にできた、というのはとても素晴らしい事なのです。どうか、そんな自分を心から誇りにして下さいね。

 

まとめ

アダルトチルドレンや愛着障害の方が簡単に自信を手に入れる方法をお伝えしました。

① 小さなチャレンジを積み重ねる
② 環境を変えてみる
③ 挑戦したというプロセスを認める
おまけ: 自分の意思を大切に行動出来たときに誇りに思う

でしたね。

出来るものから、無理のない範囲でかまいません。
是非、今日から初めてみて下さいね。

1人だと不安。アダルトチルドレンや愛着障害の克服に、本格的に取り組みたい。
そんな方は、どうぞお気軽にご相談くださいね。
ご予約を頂きますと、まずはお試しでカウンセリングを受けることが出来ます。

「【アダルトチルドレン・愛着障害】○○をするだけ!簡単に自信を手に入れよう!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です